運気アップ

寝る前に寝ながら瞑想で願いを引き寄せる簡単で効果的なやり方!モヤモヤの心を解放し脳をリラックスさせよう!

「寝る前に寝ながら瞑想で願いを引き寄せる簡単で効果的なやり方!モヤモヤの心を解放し脳をリラックスさせよう!」記事のタイトルのアイキャッチ画像
悩みちゃん
  • 寝る前に寝ながら瞑想で願いを引き寄せる簡単な効果的なやり方は?瞑想とは?瞑想で人生変わる?
  • マイナス思考止まらない。慈悲と感謝の瞑想で心を落ち着けたい。
  • 寝る前に雑念でモヤモヤの心を解放し脳をリラックスさせたい。瞑想は寝る前がおすすめなの?
  • スピリチュアルな誘導は寝てしまう。寝る前の瞑想で妄想すると引き寄せる力も大きくなる?
  • 瞑想の効果はすごいの?瞑想姿勢は何でもいい?半分寝てるけど、そのまま眠ってしまうけどいいの?

このような悩みを解決します。

結論:私たちは、現代のスピード重視である社会に、生きているだけで、知らないうちに、思考は、マイナスに偏(かた)よってしまいやすいです。

だからこそ、自分の心に注意深く目を向けて、心のメンテナンスをすることが大切です。

頭の中が、マイナス思考でいっぱいにり、心がモヤモヤしたり、イライラしたりすると、嫌な気持ちがずっと頭から離れずに、自分について回ります。

そうすると、心が苦しくなり、体も重たく、何をするにも憂うつに感じて、行動することも億劫になってしまいやすいですよね?

私にも、過去に、マイナス思考ばかりが頭の中を占領して、そのことが頭から離れず、次第に、気分がどんどん沈んでしまう負のサイクルができあがっていた時期がありました。

当記事では、このように、マイナス思考に苦しみ、ストレスから解放されたい方に、「心が苦しくてモヤモヤする時におすすめの寝ながら瞑想」をお伝えしていきます。

この記事でわかること

  • 心が苦しくてモヤモヤする時におすすめの寝ながら瞑想の効果的なやり方
  • 寝る前の寝ながら慈悲と感謝の瞑想の効果
  • 寝る前の寝ながら瞑想を取り入れることでマイナス思考に振り回されない自分になれる

マイナス思考で、埋め尽くされていると、苦しい人生が毎日続いてしまいます。

当記事で、ご紹介する『寝ながら瞑想』を取り入れることで、一日のマイナス思考をリセットしてくれます。

そして、翌日は、心穏やかに目覚めることができ、一日をスッキリとした気持ちで迎えることができますよ。

寝る前に寝ながら瞑想で願いを引き寄せる簡単で効果的なやり方!モヤモヤの心を解放し脳をリラックスさせよう!

女性が横たわって寝ているイラスト

忙しい現代社会では、外側からの影響、また、自分の思考クセにより、毎日の生活が、マイナス思考に陥ることも多いのではないでしょうか。

いろんな影響を受けて、以下のようなマイナスな気持ちになることがあります。

  • 思い通りにならない現実に憤りを感じる
  • マイナス思考がなかなか止まられずに、不安や怒でいっぱいになる
  • 感情をうまく解消できずに溜め込んでしまい、マイナスの感情に押しつぶされそうになる

このようなマイナスな感情で心がいっぱいになると、その感情は肥大し、悪い妄想に発展させ、心が疲れ果ててしまうこともあります。

いろんなマイナス思考が浮かんでくることで、いろんな感情を生んでしまうのです

ですので、思考の段階でストップさせることが大切です

いつも苦しい感情を背負って生きていると、それが当たり前になり、違和感なく、普通に生活することができてしまいます。

しかし、心は、いつも苦しい状態のため、心身ともに、いつも疲れた状態を維持してしまうことになるのです。

このように、私達は、苦しい感情を自分の心の中に、

  • いつまでも住まわせてしまっていることがあります
  • それでは、いつまでも心は晴れずに、苦しい感情というお荷物を背負って生きているようなものです
  • この苦しい感情を手放すために、私達は、定期的に、心のメンテナンスをしてあげる事がとても大切です
  • 心のメンテナンスをするとは、心のお掃除をすることです

では、どうやって心のお掃除をするのでしょうか?

それは、瞑想をすることです。

瞑想もいろんなやり方があります。

その中でも、私が効果を感じたのが、『寝ながら瞑想』です。

ここでは、寝ながら瞑想のやり方について、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

 

【慈悲と感謝】寝ながら瞑想の効果的なやり方

寝室ベッドの画像

ここでは、寝ながら瞑想のやり方について、お伝えさせていただきます。

瞑想と聞くと、かしこまって、座禅を組んで、呼吸に意識を向けて…と考えてしまいそうですよね。

でも、難しく考えなくて大丈夫です。

瞑想は、ほんの数分でも、毎日続けることで、より効果が高まります。

ここでは、簡単にできる『寝ながら瞑想法』をお伝えします。

私がご紹介する寝ながら瞑想とは、

  • 夜寝る前に、リラクゼーション音楽をかけながら、呼吸を整えていき、自分に優しい言葉をかけていくという方法です
  • ゆっくりと呼吸に意識を向け、力を抜くことで、より深いリラクゼーションに入ることができます

では、寝ながら瞑想を行って、心を深く癒していきましょう。

女性と猫が仰向けに横たわっているイラスト

【寝ながら慈悲と感謝の瞑想のやり方】

  • 夜眠る時に、お布団の上で、仰向(あおむ)けになります
  • ソルジオ周波数のリラクゼーション音楽を流す(自分が直感でいいと感じる音楽でOK)
  • 全身の力を抜き、目を閉じて、リラックスした状態にします
  • 鼻からゆっくり吸って、口からゆっくり吐きます
  • いろんな雑念が浮かんできますが、雑念を消そうせず、そのまま雑念を流し続けている状態で大丈夫です
  • 不安が押し寄せてきたら、「今は、そう感じているんだよね、わかるよ。」と心の中で、認めて反応してあげましょう
  • それと同時に、呼吸に意識を向ける練習をしていきます
  • 吐いて、吸って、吐いて、吸って、吐いてをゆっくり、ゆっくり繰り返します
    (息は吸うより、吐くことから先に始めましょう)
  • 深く、ゆっくり、深呼吸をしていきます
  • そうすると、だんだん心地よく感じて、体もゆるみ、要らない感情が抜けていきます
  • この時に、自分に優しい言葉をかけて、一日を感謝で締めくくるようにしてみましょう
    (感謝できない時は、無理して感謝しなくてもOK)
  • 以下のような言葉を心の中で、優しく自分にかけてみましょう
    「今日も一日よく頑張った」
    「今日も私はベストを尽くした」
    「今日選択したことは、全て、自分にとって最良の選択だった」
    「だから、大丈夫、明日も、素敵な一日になる」
    「だから、何も心配いらないよ」
    「今日も一日ありがとう」
  • 慣れてくると、ふわっ~っと体が軽い感覚をあじわうことができます
  • いつの間にか、眠りについてしまうことがありますが、その場合は、そのまま眠りましょう

瞑想は、

決まりを多く作りすぎると、形にこだわってしまうこともあります

そうなると、深いリラクゼーションに入りにくなってしまいます

自分が、心地よくなれれば、瞑想は、どんなルールでもいいのです

呼吸の『吸う、吐く』時間を、何秒にするかの細かい設定はしなくて大丈夫です

全て、自分の感覚に身を任せて、自由にやることで、瞑想状態に入りやすくなります

もちろん、時間を決める方が、自分に合っているという方は、時間を決めて実践されてみてください。

そのまま、眠くなったらそのまま眠りましょう。

心地いい眠りにつくことで、脳もリラックスして、朝の目覚めも良くなります。

瞑想のやり方に加えて、音楽を流し、心が深いリラクゼーションに入ると、自律神経のバランスを整えてくれます。

ソルフェジオ周波数とは、

人に癒しを与える音階で、心身に良い影響をもたらす効果があると言われています

近代では、ソルフェジオ周波数のヒーリングミュージックが、ストレス緩和させるために、音楽療法でも用いられているようです。

必ずしも、寝ながら瞑想は、夜眠る前でなくても大丈夫です。

疲れた時に、お昼寝する感覚で、ゴロンと寝転がり、瞑想するのもいいです。

いろいろ試されて、マイルールを決めてもいいですね。

スポンサーリンク

寝る前の寝ながら瞑想のすごい効果とは?

女性が布団に横向きで寝ているイラスト

ここでは、寝ながら瞑想のすごい効果についてお伝えしていきます。

まず、瞑想とは、どのようなことを意味するのでしょうか。

瞑想とは、心を静めて無心になること、何も考えずリラックスすること、心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること、目を閉じて、深く静かに思いをめぐらすことなどとされている。

引用元:Wikipedia(瞑想)より

瞑想とは、

身体と心に意識を集中させて、脳内の不要な思考を減らして、心を静めることでもあります

瞑想には、以下のような効果があります

  • 集中力を高めてくれる
  • イライラや不安が解消され、日常に、心が穏やかな時間が増える
  • イライラしない時間が増えるので、波動が上がり、良いことを引き寄せる体質に変わる
  • 直感が鋭くなる
  • 良いことに目が行くようになる
  • 自分の感情に早く気づけるようになり、日常で、マイナス思考に、心の中を支配されることがなくなる

ここまで読まれて、瞑想の効果については、理解されたのではないでしょうか。

瞑想には、いろんなやり方が存在します。

その中でも、『寝ながら瞑想』は、特に、ストレスを抱えている方にとって、オススメしたい瞑想法です。

寝ながら瞑想の効果は、以下のとおりです。

  • 次の日の朝、目覚めた時も心の状態が穏やかで、一日の始まりを心地よい気持ちでスタートできる
  • 脳内がスッキリとして、仕事に集中できる
  • 安心感に包まれて、深い眠りにつくことができる
  • 潜在意識に良い言葉が届き、セルフイメージが上がる
  • 前向きな気持ちを持続できる
  • 朝から気分がいい
  • 体の細胞が喜ぶため、波動が上がる
  • 心身の状態が良くなるので、日常に良いことや嬉しいことが増える
  • 心の深い部分でリラックスできる
  • 体が軽くなり、幸福の感度が増し、心が満たされる
女性が両手をあげてリラックスしているイラスト

夜寝る前の心の状態が、朝の心の状態に影響を与えます。

朝の気分が悪いと、

一日中、気分が悪い状態で過ごすことになります

そうすると、少しのことで、イライラ、モヤモヤしてしまいやすいです

それを予防するためには、眠る時から朝にかけての気分が、とても大切になってくるのです。

このように、寝ながら瞑想を毎日の習慣に取り入れると、あなたの人生で、穏やかな時間が増えていきます。

そして、自分が叶えたいこと、やりたいことが叶いやすい人生に変化していくのです。

毎日の生活に寝る前に寝ながら瞑想を取り入れることでマイナス思考に振り回されない自分になれる

笑顔の女性が何かをイメージしているイラスト

毎日の生活に、『寝ながら瞑想』を取り入れると、マイナス思考に振り回されない自分になっていきます。

今、自分がどんな気持ちで苦しんでいるのかを、

客観的に、気づけるようになるからです

気づいたら、自分でストップをかけることができ、それ以上、悩みを拡大させなくてすみます

どんな思考クセがあるかで、毎日の感情も変わってきます。

脳は、毎日、いろんなことを考え続けています。

「明日の朝ご飯は何にしょう?」

「明日の着る服は何にしよう?」

「今週までに、会議資料を仕上げなければいけない、間に合うかな?」

「友人から飲み会に誘われたけど、行くか、行かないか、返事どうしよう?」

このように思考をフル回転させています。

マイナス思考とポジティブ思考の量は、

その人の習慣となっている考え方によって、変わってきます

ですので、感情が生まれる前に、先に、思考を静めてあげることが大切です

そうすることで、マイナス思考による不安や怒りの感情をつくり出すことを防ぐことができるからです

私達は、日常で、無駄に、思考を使い過ぎています。選択することに意識を向けることは、思考を働かせることです

思考をたくさん働かせると、そこに多くのエネルギーを注いでしまうことになるのです

ですから、選択する回数が多ければ多いほど、人は、疲れてしまうのです

私達は、いろんな思考を働かせすぎているため、考えなくていい事まで考えて、時間とエネルギーを費やしていることがあります。

日頃から不要な感情を排除するために、心を整える訓練をしていきましょう。

以下の記事で、心を整える方法についても、のせていますので、ぜひ、参考にされてください。

>>心を整える方法とは?自分の内側を整えて潜在意識を書き換え良いことを引き寄せるコツ!

気づかないうちに、

  • 自分でストレスの原因を増やしていることもあるのです
  • だからこそ、自分の気持ちに敏感に察知できる力を養う必要があります
  • 私達は、自分で、自分の感情をコントロールすることができるのです

今に集中することで、不要なことを考える隙間を、なくすことができます。

今に集中するために、マインドフルネス瞑想がオススメです。

以下の記事で、マインドフルネス瞑想について、のせていますので、詳しくは、そちらをご覧ください。

>>マインドフルネス瞑想を続けた結果は?ストレスや不安の解消効果を実証してみました!

今に集中し、ネガティブな思考に支配されず、

自分で感情を選択できるようになれば、未来の人生で起きる出来事も全く違ったものになります

未来に幸せな人生を送るためには、今という時間を、いかに穏やかに生きるかが大切なのです

瞑想は、あなたの心を方向に変えてくれる魔法のツールなのです。

やり方は、いろいろありますが、ご自分がリラックスできるのだしたら、やり方にこだわりすぎなくてもいいのです。

あなたの心地よいやり方をいろいろ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

寝る前に寝ながら瞑想で願いを引き寄せる簡単で効果的なやり方!モヤモヤの心を解放し脳をリラックスさせよう!:まとめ

本と紅茶の画像

今回は、「寝る前に寝ながら瞑想で願いを引き寄せる簡単で効果的なやり方!モヤモヤの心を解放し脳をリラックスさせよう!」について、ご紹介させていただきました。

毎日、忙しい現代で、私達は、呼吸も浅くなり、マイナス思考になり、未来に不安を感じながら生きていることが多いのではないでしょうか。

私達は、目の前のタスクをノルマのように課して、

  • 身を削り、頑張りすぎて、ストレスを抱え込んでしまっていることも多いのです
  • 頑張ることをやめることで、自分の苦しい感情の叫びに気づくことができます
  • 頑張りすぎていると、自分の苦しい感情を見過ごしてしまい、いつの間にか、心身のバランスを崩してしまいかねません
  • 自分のSOSに耳を傾けていきましょう

以下の記事で、仕事を頑張りすぎている女性について、詳しくのせていますので、よかったら、合わせて、読まれてみてください。

>>仕事を頑張りすぎる女性をやめたい疲れた!緊張をほぐし心と体を緩める3つの方法!

一日に、5分でもいいので、自分の心を緩める時間を、設けてみましょう。

自分のために時間を与えることが、自分を大切にしているという意識を高めることにもつながっていくのです。

あなたが、寝ながら瞑想を取り入れることで、少しでも、ストレスから解放され、心が軽くなり、心穏やかな時間が増える毎日でありますように。

スポンサーリンク

-運気アップ